北海道大学と札幌医科大学の医学部について

医学部を受験するということ

医学部を受験するということこうして受験勉強がはじまり国立から合格をもらった

医学部を受験するというのは、本人だけでなく家族にも覚悟が必要になります。
というのも国立医学部というのは、センター試験で9割くらいの得点を出すということが大前提ですし、国立大学の二次試験でも7割強の得点をださないと合格には近づけないといわれるレベルです。
では私立大学は3教科受験と面接なのでそんなに問題はないと思われがちですが、それもちがいます。
倍率がとても高いということと、私立の場合問題がとても癖があるうえに、倍率が数十倍になってしまうために、それも難関になってしまいます。
息子が医学部を受験すると言い出したのは高校2年の終わりということで、医学部を目指すにしては遅すぎる時期でした。
ただ息子の通う高校は進学校で東大や京大を目指すのも当たり前の学校だったので、いまから死に物狂いでやればなんとか間に合うかもしれないと思い、みんなで力を合わせることにしたのです。